So-net無料ブログ作成
-| 2016年01月 |2016年02月 ブログトップ

マヌカハニー 使い方 [マヌカハニー 使い方]

マヌカハニーは蜂蜜であり、純然たる食品ですので、一番いい使い方はずばり「食べる」ことです。

食べ方もいろいろとありますが、免疫アップのために日常的に食べる場合は1日3~4回、1回あたりに5~10mlをそのまま食べるようにするのがおすすめです。

食べる以外には塗り薬のように患部に塗布することもできます。
その場合は適量のマヌカハニーを患部に塗り、清潔なガーゼなどで覆ってラップや保護シートでカバーします。
1日1回は新しいものに取り換えることを忘れないようにしましょう。


マヌカハニー 効能 [マヌカハニー 効能]

マヌカハニーは強い抗菌作用があり、併せて抗ウイルス作用や抗炎症作用があることもわかってきました。

炎症を抑える効能を利用して扁桃腺炎や風邪の予防に用いたり、口内炎の幹部に塗布したりします。

さらに、日常的に摂取することで胃潰瘍や胃がんの原因でもあるピロリ菌に対抗するからだ作りをサポートします。
また、腸内の善玉菌を増やす効果もあるため、腸内環境を良くする効果もあることが分かってきています。
それゆえ、食中毒などの際にも効果を発揮するといわれています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

マヌカハニーとは [マヌカハニーとは]

マヌカハニーとは、ニュージーランドに生息するマヌカという木に咲く花から集められた蜂蜜のことを指すもので、マヌカ蜂蜜とも呼ばれています。

マヌカの木は種子や樹皮に薬効があると先住民の間で伝えられており、そこから採れるマヌカハニーにも強い抗菌作用があることが分かりました。
そのため現地ニュージーランドやお隣のオーストラリアでは医薬品として使用されています。
日本では健康サポート食品として注目を集めており、そのままはもちろんのこと、キャンディなどにも加工されて販売されています。



-|2016年01月 |2016年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。